結婚指輪をつけたままだと良くないの?

結婚指輪というと、ずっとつけたままという人が多いのではないでしょうか。

魅力的な指輪なら、なおさらずっとつけたままにしたいものですよね。そんな方へおすすサイト発見:結婚指輪ランキング

中には掃除や炊事の時は外すという人もいるようですが、結婚指輪をつけたままだと良くないのでしょうか。

【結婚指輪をつけたままにするメリット】

結婚指輪には、「永遠の愛を誓う」という意味があり、夫婦にとっては大事なものです。

どんな理由があっても外されるのは嫌だという人も多いです。

自分自身も、結婚指輪をつけていることで家庭があること、一生のパートナーがいるという自信が持てます。

また、つけたり外したりすると紛失する心配があるからという理由で外さない人もいます。

女性の場合、年齢を重ねると指が太くなってしまうことが多いのですが、ずっと指輪をつけていることで指が太くならないというメリットもあるようです。

【結婚指輪をつけたままにするデメリット】

結婚指輪をつけたままにするのも、デメリットがあるのは確かです。

その一つが衛生面です。

指輪についた雑菌が食中毒の原因になることもあるそうです。

手をきれいに洗っているつもりでも、指輪の間に溜まった汚れが十分落ちていない可能性があるのです。

また、指輪をつけたままにすることで、その間に石鹸が残ったりすると炎症を起こして肌荒れの恐れがあります。

指輪の周囲がかゆいとか痛い場合は外した方が良さそうです。

【時々は外して清潔に】

つけたままでいるのは特に問題はないのですが、食べ物を触る時は外すとか、時々外して指輪をクリーニングすると清潔に保てます。

清潔にすることに心がけていればつけたままでも大丈夫です。